読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文章を書くのは難しい……。

映画と本の感想を時々書いていきたいです。

いや、まぁ、面白いは面白いんだけど……「SING/シング」感想(ネタばれ有

昨週末公開、日本でも大ヒット中(らしい)、「SING/シング」IMAX3D・字幕版で観てきました。


映画『SING/シング』予告編

ミニオンズ」「ペット」などのヒット作を手がけるイルミネーション・スタジオによる長編アニメーション。マシュー・マコノヒーリース・ウィザースプーンセス・マクファーレンスカーレット・ヨハンソンジョン・C・ライリータロン・エガートン、トリー・ケリーら豪華キャストが声優として出演し、レディー・ガガビートルズフランク・シナトラなど誰もが知る新旧ヒット曲を劇中で披露する。人間世界とよく似た、動物だけが暮らす世界。コアラのバスターが劇場支配人を務める劇場は、かつての栄光は過去のものとなり、取り壊し寸前の状況にあった。バスターは劇場の再起を賭け、世界最高の歌のオーディションの開催を企画する。極度のアガリ症のゾウ、ギャングの世界から足を洗い歌手を夢見るゴリラ、我が道を貫くパンクロックなハリネズミなどなど、個性的なメンバーが人生を変えるチャンスをつかむため、5つの候補枠をめぐってオーディションに参加する。監督は「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングス。

SING シング : 作品情報 - 映画.com

 

 恥ずかしながら「ミニオンズ」も観たことないので、イルミネーション・スタジオの作品は今回が初鑑賞。結論からいうと面白かった! 面白かったんだけど……! という感じ。

映画.comの紹介にもある通り、今作は、劇場の資金繰りに喘ぐ劇場支配人(コアラ)のバスターが一発逆転を狙って歌オーディションを企画し、それに25人の子供と旦那の世話に日々忙殺されている主婦(ブタ)のロジータ、ギャングの首領を父(ゴリラ)に持ちつつ歌手にあこがれているジョニー、半ばヒモの彼氏とロック・デュオを組む少女(ハリネズミ)のアッシュ、本当はとても歌が上手いのに極度の恥ずかしがり屋が災いして人前で歌うことができない少女ミーシャ、性格に難のあるストリートミュージシャンのマイク、のそれぞれに難を抱えた五人(プラスα)が参加するが……という作品。

まず良いところを挙げていくと、主題がそれなんだから当たり前は当たり前なんだけど歌がいい。クライマックスでしっかり尺を割かれて描かれる主役の五人はもちろん、オーディションでは様々な動物の歌唱シーンが登場するんだけど、それぞれに個性的で良い味を出してる。あと、ここで泣けよ~~、というポイントはやっぱり感動的です。家族以外の前で歌うことができなかったミーシャが初めて観衆の前で歌うシーンとか、ジョニーと父親との和解シーンとか。

ただ絶賛しづらいのが、作中を通じて明示的に成長が描かれている人物が少ないという点。

大人の鑑賞に耐える作品とはいえ、子供向けアニメではあるので最後はハッピーエンドになるんだけど、まあ理窟で考えればその人が解決するのは分かるんだけど、その解決で本当にバスターはいいのか……と思えてしまったりとか。そもそも彼らの再結成の動機が今イチわからないとか、前述した和解シーンは感動的なんだけど、よくよく考えるとそれ以前に親子の対立というほどのエピソードが描かれていない(ジョニーは基本的に親父の命令にはただただ従っているだけなので)ために、後からふり返ってみるとこれ父親がひどいだけでは……とか。色々と欠点が目に付いてしまう。

とはいえ、アニメーションと歌は素晴らしいので、続編が出たら見ようという程度には楽しめました。次作も期待。

ここ一箇月で読んだ本まとめ。

今年に入ってから、booklogで読んだ本を管理している。サイトデザインがシンプルなのと、読書目標を自分で設定できるのがいい。

本を読み終わって登録するたびに、目標達成には○日に○冊のペースで読まなきゃいけませんよー、と教えてくれるので、自分のような怠惰な人間には動機付けとして非常に有効なのだ。もちろんこれには、期限が迫っているのに今のままのペースでは達成が難しい、となった時に、軽薄な新書で一冊を埋めてごまかす、という行動を誘発するという罪の部分もあるわけですが。ただまあ、そこは使う人間の性根の問題であってシステムが悪いのでは全くなし、意識しすぎず有効に使っていこうと思います。

前置きが長くなったけれど、ここ一箇月で読んだ本の感想を書いていきます。

 

浜村渚の計算ノート (講談社文庫)

浜村渚の計算ノート (講談社文庫)

 

 *ライトなミステリーで簡単に数学的素養を身につけたい! という即物的な動機で購入。目的は特に果たされなかったけど、けっこう面白かった。

*主人公の浜村渚が犯人を追い詰める際に使う数学的な小ネタが、素人からすると気が利いてるなー、と思う。

 

ドラキュラ紀元 (創元推理文庫)

ドラキュラ紀元 (創元推理文庫)

 

*ディオゲネス・クラブに属する諜報部員チャールズ・ボウルガードは、マイクロフト・ホームズの命により、ロンドン市内で起こる連続娼婦殺害事件の謎を追うが……

*『吸血鬼ドラキュラ』でヴァン・ヘルシングがドラキュラ伯爵に敗れていたら……? というifを舞台に、キム・ニューマンの吸血鬼への偏愛をこれでもかというくらい詰め込んだ作品。どれくらい詰め込まれているかというと、主人公たちをのぞくほぼ全ての登場人物に小説、映画、史実等々の出典があり、本編550頁に対して登場人物事典が50頁(訳者の苦労が偲ばれる……)に及ぶという大風呂敷。

*これがもう滅茶苦茶面白くてびっくり。今年有数どころかこれまで読んできた歴史改変ものの中でもかなり高得点です。

*このシーン本当に必要? とか後からふり返ってみれば欠点は見つかる話なんだけど、クライマックスに向けての収束が見事すぎて、後半に入ってからは全くダレることなく読破しました。

*知識量・情念は凄いけれど、本筋は大して……という評もネットでは散見されるけど、いやいやストーリーもこれ、決して誰にでも書ける話ではないでしょう、と声を大にして主張したいですね。

 

ドラキュラ戦記 (創元推理文庫)

ドラキュラ戦記 (創元推理文庫)

 

*あんまり『ドラキュラ紀元』が面白かったので、続けてこっちも読んでしまった。

*前作に引き続き、舞台はドラキュラ伯爵の勝利以後、吸血鬼が大手を振って生きるようになった欧州、今回は第一次世界大戦を描く。

*中心となる視点人物はドイツ軍の前線基地の秘密を探るディオゲネスの新米諜報員と、故国を捨ててドイツに流れ着いた作家エドガー・ポー。両者とも序盤でWW1最高

撃墜王レッド・バロンことリヒトホーフェン大尉と因縁を結び、リヒトホーフェンの内面は描かれないながら彼を軸に物語が進行する。

*上の二人と比べると活劇シーンは少ないながら、もう一人の視点人物である吸血鬼の女性記者メアリの権力に対峙する様も格好良い。

*前作があってこその物語ではあるんだけど、こちらの方がよりエンタメとしての出来は高まっているように思う。一作目のハードルを軽くこえてきていて凄いわー。

*吸血鬼に対する偏愛は前作に引き続きなんだけど、それ故の、というべきか、第一次大戦という舞台であるがゆえの、ゴシックなものに対するいっそ酷薄とも思える描写が素晴らしいです。オタクは自己否定に弱い……!

 

 *人気ライトノベルシリーズの5作目。面白い、なんなら勢いで泣かされたくらい面白いんだけど、如何せん現実の将棋界をもとにしたネタが大体察せてしまうが故に今イチ乗り切れない作品。

*どうしても元ネタになっている実在の人物と、作中の人物が重なって見えてしまうがために、ライトノベルの過剰な描写が鼻についてしまう(その意味では、今回の敵役についてはいっそ清々しいというか、ここまで開き直るなら許せるわと逆に思えた)。とりあえず対局中に喋るのはやめてほしい……。

 

アリス・ザ・ワンダーキラー

アリス・ザ・ワンダーキラー

 

 *若手ミステリー作家ではいま一番好きな作家の最新刊。にもかかわらず出版から半年経ってようやく感想を書き始める腰の重さよ……。

*ミステリーを結局キャラクター小説として読んでしまう人間なので(なので、早坂先生の作品では飛び抜けて『虹の歯ブラシ』が好きです)、論理パズル的な作品はなかなか評価が難しい。でもクライマックスの軽さも含めて決して嫌いではないです。好きです。もし続きがあるのなら、もちろん買って読みたいです。

 

 

ストーカー (ハヤカワ文庫 SF 504)

ストーカー (ハヤカワ文庫 SF 504)

 

*宇宙人との接触の痕跡ではないかと推測される<ゾーン>が出現した地方の村を舞台に、<ゾーン>から未知の物体を回収することを生業にする、ストーカーと呼ばれる人間の半生を描く、説明不要のロシアSF。

 *そこに生きる人間のことを一顧だにしない未知との遭遇、という、よくよく考えればむしろそっちの方が当たり前なんだけど中々描かれない話で面白く読みました。

*ストガルツキーは課題図書に指定されているので、今後も読んでいきたい。

 

ヒロシマの人々の物語

ヒロシマの人々の物語

 

 *ずっと前に『眼球譚』を読んで以来、ひさびさのバタイユ。人間の死を計量可能な単位として語ることが「人間的」とされ、極限状態のなかで人間がもがく様を「動物的」と位置付ける、日常的な視座を逆転される語り口が印象的。

*人間中心主義への批判という文脈で読むと、上の『ストーカー』とも通ずるものが感じられるかも。

 

このほかにはジェイムズ・エルロイ『ホワイト・ジャズ』、ロバート・F・ヤング『時をとめた少女』、ジョナサン・カラー『ディコンストラクション』などを読んだ。これらについても書いておきたいので、次の記事を早くにアップしたいと思います。

 

 

映画感想文「フランス組曲」

今年から京都シネマの会員になったので、去年までよりずっと気楽に映画がみられるようになった(とはいえ出不精なので、油断してると1箇月丸々映画館に行かないとか普通なのだけれど……)。
ともかく、このブログも良い作品を見たときにはちゃんと更新していきたいですね。


フランス組曲は2014年の映画(日本上映は2016年)。
舞台はナチス占領下フランスの田舎町、戦地へ向かった夫の身を案じながら義母と共に暮らす主人公・リュシルの家にドイツ軍将校が宿泊することとなり、二人は音楽を通じて交流を深めていくが……。

敵国人同士、障害に翻弄されながらそれでも惹かれあう二人の恋愛模様が素晴らしいのは勿論だけど、それ以上に印象に残ったのは義母や隣人といった脇役の人々の、なんといえばいいのか、人間らしさ、としか言い様のない役所だった。
主人公の義母は小作農からの上納金で暮らす大地主でありながら、パリからの避難民がやってくると、それまで家を貸していた家庭を追い出し、二倍の料金で避難民に家を貸し出したり、物資不足のなか金に物を言わせて自分たちだけ食糧を買い集めるなど、およそ善人とは言いがたい人間なのだけど……その彼女が物語の後半に果たす役割がとても印象に残っている。
他にも、登場するシーンは少ないながら、貴族階級であることを鼻にかけた町長や、ドイツ兵と関係を持つ貧農のセリーヌなど、単純に善悪に二分できない人々の姿が胸を打つ傑作だった。また何度も見返したい。

2016年に観た映画をふり返る

昨年劇場で観た映画は十数本だけど、そのほとんどが観てよかったと素直に思える出来だった。自分の記憶の整理のためにも、少しでも多くの人にみてもらうためにも、何点かふり返って感想を書き留めておきたい。

 

■完全なるチェックメイト

www.youtube.com

アメリカ出身の冷戦期の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの生涯を、そのライバルであるソ連出身の世界チャンプ、ボリス・スパスキーとの対戦を中心に描いた伝記映画。

本作品のフィッシャーは、当時人間の知性を象徴するゲームとされていたチェスという競技で、ソ連に水をあげられていたアメリカの、自国から世界チャンピオンを輩出したいという国家戦略に生涯を翻弄された人物として描かれている。

はじめはただ純粋に周囲の人々とチェスを楽しんでいたフィッシャーが、天才少年として頭角をあらわして行くにつれて、国の期待を背負い神経をすり減らしながらチェスを指さざるを得なくなっていく中、次第に周囲との人間関係がおかしくなっていく様が本当に観ていて辛い。*1

原題の「Pawn Sacrifice」が筋書きと完璧に合致していて、良いタイトル付けたな~という作品。何回でも見返したい。

 

完全なるチェックメイト [Blu-ray]

完全なるチェックメイト [Blu-ray]

 

 

リップヴァンウィンクルの花嫁

www.youtube.com

岩井俊二の最新作。高校の非常勤教師と家庭教師で生計を立てるナイーブな女性、皆川七海(黒木華)は、SNSで知り合った男性と流されるままに結婚するも、義母の策略によって離婚させられてしまう。職も住むところもなくした七海は、何でも屋を名乗る安室行桝(綾野剛)という男に、月給100万円という触れ込みで郊外の城での住み込みのメイドというバイトを紹介される。その城には里中真白(Cocco)という女性が住んでいて……。

2016年は良い映画が沢山出て、その中からベストを選ぶのは本当に難しいのだけど、それでも敢えて一作を挙げるならこれを推したい。

とにかく七海と真白の同居生活の描写が好き。真白を演じるCoccoのメンヘラ演技は流石だし、真白の陽性にあてられて変わっていく七海も最高だし、それを経てのEDも素晴らしい。

序盤の一時間くらいずっとストレスがかかってくるので、人によってはしんどいかもしれないけど、EDを迎える頃にはあの序盤があってこその映画だと感じられるので、長丁場だけど是非見てもらいたい。岩井俊二だけどそんなにカメラぶれたりもしないし。

 

 

Planetarian 星の人

www.youtube.com

核戦争で荒廃した近未来の地球が舞台。メインになるのは、星の人を名乗り、各地のシェルターを失われた星空……プラネタリウムを見せながら渡り合う老人とシェルターで出会った子供達との交流を描く”星の人”編で、彼が「星の人」になるきっかけとなった青年時代のエピソード、放棄された都市で出会ったプラネタリウムのガイドとして作られたロボットの少女との交流が合間合間に挿入される。

2004年に発表されたヴィジュアルノベルの映画化作品。ただただ映像化してくれてありがとうという以外に言葉がない。クライマックスでは映画館でみていたのにも涙が顎まで伝うくらい泣いたし、多分今後もこれ以上に映画を観て泣く事はないと思う。

ただこれをみて大泣きするほど感動したのはあくまで原作ありきで、はたして初見で大傑作の太鼓判を押せるかというと残念ながら自信がない*2ので、まぁ次点かなぁというかんじ。

 

 

*1:ネタバレ:中盤でのフィッシャーと姉との対話の場面で、猜疑心からユダヤ陰謀論に染まっていくフィッシャーに対して、姉が「あなたのお父さんもユダヤ人なのに……」と諭すシーンが特に印象に残っている。

*2:あと、当然ながら美少女ゲームを受け付けない人に受け容れてもらうのは多分難しい